お知らせ

陸軍機遭難80年を偲ぶ慰霊祭に参加して (2018年02月21日)

今を遡る昭和十三年二月十二日強風雪荒れ狂うこの地の上空を一機の陸軍輸送機乗組員笠井大尉以下7士を乗せ低空爆音轟かせて飛来するということがあってこの後当時の熊ヶ谷飛行学校所属の輸送機(雪中耐寒飛行)であったことも判明し墜落 [...]

厳寒の日々を (2018年02月20日)

テレビでは連日、平昌オリンピックのことでもちきり、なかでも羽生選手の快挙は日本だけにとどまらず外国の人々にまで あの美しい妙技は大きな感動を与えたことと思っている。炬燵を囲みテレビをつければ雪掻き以外猛吹雪の中に出る気は [...]

猛吹雪の日々に耐える (2018年01月29日)

今年の一月は例年と比較もできない寒気と連日の猛吹雪、ここ日本のトップクラスの豪雪地魚沼だがめずらしい冬ときく、朝おきて玄関前を見るや道路は全部ふさがって国道まで30メーター殆ど80センチの降雪で埋まってしまった事がたびた [...]

賀  春 (2018年01月29日)

言葉の上では春だが、暮れから続く雪の日々時には猛吹雪で息をつまらせてラッセルする為の体力維持を心掛け運動をしたり、もする。ほどほどの降雪なら雪は心も落ち着くし、晴れた日の朝のあの雪山は他では得られない景色で雪国に住んでよ [...]

雪とともに生きて (2017年12月27日)

辺り真っ白に雪があって、素晴らしく晴れた朝ほどきれいなものはない。ところで昨日からの爆弾低気圧はすごくてあまり 出会ったこともない、道をあるいて足をすくわれそうな厳しい吹雪だった。十六歳頃、今言われているホワイトアウトに [...]

冬将軍も足早な攻めに (2017年11月22日)

例年に比べ降雪はずいぶん早くしかも連続でせめてくる。子供の頃からの雪とのお付き合いは慣れているものの冬の準備が間に合わず一寸と待ってくれと呟いてみる、周辺の山脈は何処も真っ白、厳冬期の装いとなった。小屋のある付近もおよそ [...]

小屋周辺に広がる錦絵の秋を惜しむ (2017年11月05日)

季節は初夏から猛暑の夏を経てやさしくそよぐ芒の時期もあっと言う間、ご承知のことと思いますが、ネットの使えないエリアに小屋付近がある為,当ブログも心ならずもサボらせていただきました、本当にごめんなさい。シーズン中ご利用くだ [...]

都会では本格的夏の季節この地は新緑 (2017年06月22日)

都会(さと)は30度を超す暑さの日々と聞こえるがこの地はまだ五月初旬の気候にそっくり、屋内では暖房が必要 今年の緑の色合いがとても心地よい、低温の日が続いたせいかもしれない。このあと七月一日(日)は平ヶ岳山開き、 特に大 [...]

稀にみる残雪の多さ (2017年06月12日)

今夏はここへ来て時折寒気が入って時ならぬ霜が襲ったり、小屋ではこの処朝夕ストーブを焚き暖をとっている。 平ヶ岳も標高1.500mを超えた上部は一面真っ白な情況、例年に比べ融雪が遅れていて登った方はほんの僅か それは、まだ [...]

いよいよ豪雪地域に初夏の訪れ (2017年05月22日)

日本各地で30度を遥かに超える連続の日々と報じらていて嘘のよう、 まだ我が家でわ朝夕ストーブのお世話になる昨今、山上の生活に今週から 移る予定、暫く客人の訪れはないが6/1今年の尾瀬ルートの開通を迎えて、 歓迎の意味もこ [...]