小屋のある地域での山人のくらしを紹介

予てよりこんなことどうかと考えたこともあったが、例年豪雪振り回され且つ日頃停滞していた雑務で手一杯、引き換え2月4日~同28日の25日間に明治時代使用された道具や民具それに、月の環熊の毛皮、特に大物を展示、予想したより多くの方々からご来場、関心をもって頂いてありがたくお礼とさせて頂きます。

2019年2月26日 新潟日報「鷹ノ巣の暮らしを知って」(PDF)